2018年3月23日アーカイブ

記事監修協力「モンスター社員の特徴別、正しい対処方法」

ソニー子会社、ソニービズネットワークス株式会社が運営する総務のためのウェブマガジン「Somu-lier(ソムリエ)への掲載記事の監修にご協力させていただきました。

https://www.somu-lier.jp/closeup/monster_employee/?fbclid=IwAR3yjwdWbeR4glUa6v8MCX33x05KvYnPMj8PAOQ7TP4D8eIY6abt-PW9EfM

 

【セミナー開催】拡大期のベンチャーが「成長痛」を乗り越える具体的な方法と、そのとき経営者が弁護士や社労士に求める役割とは?

■タイトル

拡大期のベンチャーが「成長痛」を乗り越える具体的な方法と、そのとき経営者が弁護士や社労士に求める役割とは?

■講演内容
組織が拡大していくとき、おこる成長痛。この成長痛は多くの場合避けて通ることができません。
創業時を乗り越え、成長期を迎えると、どのような業界でも社長の仕事や、人や組織のあり方は変わっていきます。

企業がそれまで作り上げてきた文化を、どのように保持し進化発展させていくべきなのか。「正しいあり方」と、どう折り合いをつけていくべきなのか。

これらについて、社員が定着せず成長が足踏みしていた100人規模のベンチャーを、人事総務部門などを一から立ち上げ、現在管理部門の長として1300人以上の組織(売上規模10倍)を作り上げ支えてきた、事業会社の責任者様をゲストにお呼びし、お話しいただきます。

■アジェンダ
・ 成長痛が起こるメカニズム
・ 文化と「正しいあり方」のバランスのとり方
・ 成長フェーズごとの、よくある不満と解決方法
・ 「うちの社員は…。」と言っていませんか?
経営者の意思を伝え、思い通りに部下を動かす方法
・ 経営者が弁護士や社労士に望むサポートとは?

■タイムテーブル
19:15 開場
19:30 講演開始
21:00 講演終了
21:30 懇親会
22:00 終了

■会場
東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目14番地10号 新宿明治通りビル7階